マルハンは3月29日、都内のTKPガーデンシティPREMIUM神保町で「ダイバーシティ推進 成果報告会」を開催した。

同報告会では、ダイバーシティ推進チームに所属する営業所、営業本部、間接部門、ダイバーシティ推進店舗が、ダイバーシティ推進の3つの指針(女性活躍推進、働く環境の整備、ダイバーシティに全社浸透)に関わる取り組みを発表。当日は、全国の店舗から103名の代表者が一堂に会した。

営業所の各チームは主に働き方改革について発表。《マルハン貝塚店》(大阪府貝塚市)では、賞品カウンター内にパソコンを設置し、事務所に帰ることなく作業を行えるよう業務効率を向上。また週に1回、私服出勤を行うことで従業員同士のコミュニケーションを図る施策を行っていると発表した。その他の営業所からは、情報の「見える化」やCSキャストの定着率を上げる取り組みなどの発表が行われた。

全チームの発表終了後、韓裕代表取締役社長は「自発的な行動の結果によって、店舗の活力を戻し、今後の自信にも繋がっていったと思う。まだまだ課題は多いが、自分たちのありたい姿、組織を作りたいと思う気持ちが強い組織を生むと信じている」と総括した。グリーンベルトより

 

 

 

 

Zインフォ

さすがリーディングカンパニー